※満席
[セミナー]
         議長・社長のための株主総会対策

        改正会社法とコーポレートガバナンス・コード下の総会運営要領

開 催 要 項

講  師 長谷川 俊 明 氏 弁 護 士(長谷川俊明法律事務所)

日  時 4月14日(木) 14:00 ~ 17:00
(途中一回休憩を行います。)

会  場 経団連会館 5階 会議室  住所:東京都千代田区大手町1-3-2
>>>地図はこちらをご参照ください 
電話:03-6741-0222

 お申し込みの際には必ずご一読下さい。      申込

概 要

 今年は、コーポレートガバナンス改革元年とされた2015年の流れを受けて「改革」の中身を問われる年になります。なかでも、2015年6月適用開始のコーポレートガバナンス・コードがいう「株主との建設的な対話」の実現は重要課題です。
 一方、株主総会の運営は、総会議長の采配にかかっています。今年の定時総会において議長は、昨年からのコーポレートガバナンス改革の大きな流れを十分意識したうえで「対話型」総会をめざして総会運営を行うべきでしょう。
 本セミナーでは、このように一大転換期を迎えた株主総会の運営要領を、「株主総会のあり方検討分科会」(経産省における議論) の内容なども参考にしつつ、議長並びに経営トップに解説いたします。

講義内容

I  改正会社法とコーポレートガバナンス・コード下の株主総会

1  改正会社法令は株主総会をどう変えたか
 (1)社外取締役についてのコンプライ・オア・エクスプレイン
   … 「社外取締役を置くことが相当でない理由」の説明義務
 (2)「社外」要件の厳格化 … 事業報告・参考書類の記載事項についての改正
 (3)会計監査人の再任、不再任などの決定 …選解任権は監査役会の権限へ、報酬については同意権
 (4)監査等委員会設置会社への移行…適切な監査体制はどうあるべきかの判断
 (5)内部統制の運用状況の開示
2 コーポレートガバナンス・コードの求める株主総会
 (1)「株主との対話」(基本原則5)はどう行ったらよいか
   …「平素から」の「対話」の行い方、総会における「株主との対話」への対応(補充原則1-1①)、
     スチュワードシップ・コードとの関係
 (2)株主の権利・平等性の確保(基本原則1)
   … 総会における権利行使(原則1-2)、総会開催日などの適切な設定(補充原則1-2③)
 (3) 適切な情報開示と透明性の確保(基本原則3)
 (4)取締役会等の責務(基本原則4)
3 「株主総会の在り方検討分科会」における議論の内容・方向性

Ⅱ 株主総会における議長の役割と権限

1  強力な議事進行権をもつ …準備段階から当日の議事まで
2 株主からの質問をどうさばくか
  …回答者の指名、説明義務違反にならないような質疑打切りのタイミングの判断、
   今年の総会で予想される質問と回答
3 株主提案権への対応
4 動議への対応

参 加 費 等

トップへ戻る

参 加 費
          24,840円(税込)(非賛助会員1名につき)
          22,680円(税込)(当協会普通賛助会員1名につき)
          21,600円(税込)(当協会正賛助会員1名につき)
          20,520円(税込)(当協会特別賛助会員1名につき
割 引 対 象
当協会主催の次の会にご登録(副登録含む)の方は、上記参加費の「当協会正賛助会員」の金額(21,600)に割引させていただきますので何卒ご利用賜りますようお願い申し上げます。
1.会社役員のための法律実務研究会
3.会社法務実務研究会
2.経営財務法務研究会
4.総務・法務部長会
お申込および連絡先

ダウンロードした申込書をプリントしていただき、必要事項をご記入の上、FAXにてご送信下さい。
>>>お申込書(PDF)ダウンロード

【連絡先】一般財団法人 産業経理協会
   住所:東京都千代田区神田淡路町1-15-6
   電話:03-3253-0361

資  料
 講師オリジナルテキストを当日受付でお渡しいたします。
   

申込要件

トップへ戻る